猫のご飯の種類

キャットフードにお金を掛ける?

人々が癒しとして求めた猫。
昔はペットとして家で飼われていましたがこの頃は違います。
ペットとしてだけでなく我が家の一員として大切な家族として飼われている方々が多くなっているのです。

また最近では猫のエステ等なかなかお金を費やす人も多いです。
さてそんな家族の猫ですがキャットフードにお金をかけるのはどうなのでしょうか。
そもそも高価なキャットフードが発売されだしたのもここ何十年かで最近になって種類も豊富になったのです。
キャットフードでどう違うのでしょうか。

一昔前はキャットフードといえば赤、茶、緑などの三色フードでしてメーカー曰く味が違うそうなのです。
しかしそこには合成着色料だったり添加物だったりとよくないものも多く含んでいたのです。
さて、猫の寿命には大きく分けて3つの要因があります。

一つは多くの死因で車に敷かれて死んでしまうケースです。
猫は驚くと飛び出します。
今の現代社会で人間のエゴで猫は死んでいくのです。

次にストレス等環境です。
猫というのは繊細で、ストレスを受けると毛が抜けたり自傷行為を繰り返したりします。
そんな猫だからこそきっちりと環境は整えなければなりません。

そして最後に食べる物です。
現在は完全に室内飼が増えています。
その場合は餌が寿命に大きな影響を与えるのです。

先ほど述べたとおり昔はキャットフードは杜撰でした。
そのまた昔はキャットフードすらなくて人間の食べ残しや牛乳を与えていたケースが多々あります。
そんな昔と比べてやはり今の猫の寿命は長くなっているようです。

合成着色料や添加物が入っていなかったり猫にとっていい成分、例えば体内ケア食品や
毛玉を正常に吐きやすくする成分、そしてなにより抗菌や健康的になる成分などなど猫にとっての食文化は大きく変わってきているのです。
キャットフードには高価なものがたくさんあります。

しかし大事な一員であり家族である猫と長く幸せに暮らしてゆきたいのならば
どのキャットフードを食べさせるのかを見つめなおす機会が必要になるのです。

Menu