猫のご飯の種類

キャットフードとドッグフードの違い

ペットフードはその動物にあわせて作られたものです。
つまりペットフードといったところで同じではなくそれら専用の成分が含まれています。
そんなペットフードですが今回は違いを説明しましょう。
あなたは家に動物を飼っていますか?
猫か犬か。
またそんなところで好きな方なんかは両方飼っていたりするのではないでしょうか。

そこでかかってくるのがお金なんですがドッグフードとキャットフードの値段は明らかに違います。
もちろん食べる量が違うのですが量と比較するとものすごい差です。
特に両方飼われている家庭なんかではその差に歴然とすることでしょう。

そんなところででてくる問題が「キャットフードとドッグフードの違いは何か」。
そして「猫にドッグフードを、犬にキャットフードを食べさせてはいけないのか」といった問題です。
さてもともとキャットフードとドッグフードには大きな違いが一つだけあります。

それは主原料です。
キャットフードは基本的には魚を使用しています。
対してドッグフードの原材料には基本的に肉を使用しています。

猫のほうがたんぱく質や脂肪などの成分を多くしています。
またこれは必要なことなのですが猫は体内でタウリンを生成できません。
そこでタウリンが多く含まれています。
このタウリンこそ猫の目の健康を維持することに役立つのです。
つまり食べることでのみこのタウリンが摂取されるので非常に必要なことでしょう。

またビタミン類でもナイアシン。
これもタウリンと同じくして体内で生成することができないので含まれています。
まだまだ他にもあります。
こういったように猫は他の種族と違いさまざまな栄養価を体内で生成したり合成させたりすることができないのでフードに加える必要があります。
また特殊な成分もあるのでキャットフードはキャットフードとして独立するわけです。

さてこんな違いですがでは猫にドッグフードを犬にキャットフードを食べさせてはいけないのでしょうか。
上記で述べたとおりキャットフードにはドッグフードに比べて栄養価も高くなっています。
つまり猫にドッグフードを与えた場合には必要な栄養成分が足りなくなり、また猫にとっては有害となりうる成分もあるので栄養障害および中毒になる可能性があるのです。

逆に犬にキャットフードを与えた場合。
これもNGです。
キャットフードには栄養価がドッグフードの数倍含まれています。
犬にとって一番適した栄養価がドッグフードであるのでキャットフードを食べた際には高たんぱく高脂質となって最終的には内臓の機能に障害を与えるでしょう。

こういったようにその動物にはその動物に適した栄養が必要です。
もちろん今ではマイナーな動物のえさだって売られています。
きちんと適したえさをあげることを心がけましょう。

Menu