猫のご飯の種類

ヒルズのキャットフード

皆さんキャットフードについてはいかがな見解をお持ちですか。
ただの餌ですか?
それともおいしいご飯?

ではそんなキャットフードで「食べる」ことで愛猫の健康維持もしくは愛猫の状態向上ができるとしたらどうでしょうか。
夢のような話ですね。
夢の中の妄想を語っているのです。
少なくとも15年前まではですがね。

そう今現在ではキャットフードで健康を促進することができます。
それが今回お勧めするヒルズのキャットフードなのです。
そもそもこれがどういった製品なのか。
このヒルズのキャットフードが推しているのは「療法食」です。
聞いたことがありますよね。

口にする機会は?
そう病院です。
病院で出てきませんか、療法食。
今でこそ家庭でも療法食が見られますが昔は病院でつきものだったのです。

そんな療法食ですが今キャットフードでも療法食があるのです。
しかしそんなものを買ったところで食べなければどうするのか。
療法食を食べたことがありますか?ド
ロドロしていて体に良いのはいいができるなら二度と食べたくない。
食べている最中は拷問かと思うほどの不味さ。
思い出しただけで反吐が出そうです。
まあこれは良薬口に苦しで当たり前なのですが。

そんな療法食、先ほどのとおりキャットフード界でもありますがヒルズの療法キャットフードは人間界の常識すら覆します。
「おいしく、健やかに」を目指しているヒルズは猫にとって食べやすいどころかおいしい療法食を作り上げました。
そのおいしい療法食がヒルズのキャットフード最大の売りなのですが、なぜ猫の味がわかるのでしょうか。
当然わかるわけありません。
実際に人間が食べてみるわけでもないのです。

それに猫の味覚と人間の味覚は違います。
カルキで見た目だけきれいでおいしいつもりの水道水をありがたく飲むのは人間だけなのはこのためです。
井戸水の方がぜんぜんおいしくてきれいなのは人間以外の動物は知っています。
さてそんな味覚の違いなのにどうしておいしいといいきれるのか?

それはレビューにあります。
つまりこのヒルズのキャットフードの購入者から「うちの子がよく食べてくれる」といった声が出ているのです。
リピーターも続出しています。

愛猫の健康を気遣うあなた。
年をとっても元気で過ごしてほしいと願うあなた。
ヒルズのキャットフードです。覚えておいてください。

Menu