猫のご飯の種類

いなばのキャットフード

猫が昔から大好きなものといえば?
そう答えはお魚です。
「猫に鰹節を~」といったように、かつお、マグロなどなど猫は魚が大好物です。
中には猫に与えてはいけない種類もありますが大体はこの2つでしょう。
そんな魚に目がない猫ですが普段のキャットフードといえばささみ等の鶏肉が主だったものばかりです。

どこのドライフードメーカーをみてもキャットフードは鶏肉。
猫は喋りませんが猫からしても飽き飽きしているのではないでしょう。
例えばレトルトパウチのキャットフードを与えてからは
それを好むようになってあまりドライフードを好まないようになったなんてことも多々あるようです。

そんなときに活躍するのがいなばのキャットフード。
この「いなば」は昔から魚にこだわってキャットフードを作り続けています。
猫が喜ぶキャットフードのおいしさ、それを昔からこだわっているからこそこの長い間いなばのキャットフードは人気で売れ続けているのです。

さてここでいなばに関することを説明しましょう。
もちろんいうまでもなく日本メーカーです。

そしてこのいなば食品は人が食べるものも作っています。
シーチキン缶やそのほか缶詰。
そうそのノウハウがそのままペットフードへと使われているのです。

つまり猫が大好きな缶詰。
これは人間が食べてもおいしいと思える味だからこそのおいしさなのでしょう。
ドライフードでもそう。
そのまま応用されているので猫には非常にありがたいものではないでしょうか。

ところで少し贅沢をしてたまにはいつもと違うものをあげたいと思うことはありませんか?
そんなときに役に立つのが「金のだし」です。
CMでもやっています。

これはそのツナ缶のノウハウをそのままキャットフードに詰め込みさらにそこからこだわり抜いたものです。
少し余裕があるときは食べさせてあげてみてください。
きっと喜ぶはずです。

最近、キャットフードを食べない。
健康面はどこも悪くないのにどうしたのかと思ったらもしかしたらうんざりしているのかもしれません。
そんなときはいなばのキャットフードを試してみてはどうでしょう。
新たな発見かもしれませんよ。

Menu