猫のご飯の種類

オリジンのキャットフード

突然ですがキャットフードの先進国とはどこでしょうか?
製品や文化によって優れている国とそうでない国があります。
いわゆる得意不得意ですね。

例えば車。
これは今となっては日本も自動車先進国を代表しますが昔なんかはドイツやイタリアフランスに遅れをとっていました。
メルセデス、フェラーリ、アルファロメオなどなど聞いたことありますね。

服なんかはどうでしょう。
これはフランスが名門となっていますね。
このように国ごとに優れている分野とそうでない分野がありそれぞれには深い理由があるといえるでしょう。

さて話を戻しますがキャットフードの文化ではいやペットに関する文化はカナダが一番優れているといえるのではないでしょうか。
それもそのはずでカナダはペットに対する政策まであるぐらいだからです。
そんな名門の国のキャットフードhttp://catfood.tokyo.jp/kaigaiburanndo.htmlはどうなのでしょうか。

そこで紹介するのがカナダが生んだメーカー「オリジン」です。
このオリジンのキャットフードはカナダの企業とカナダのアルバータ州政府が共同で開発したキャットフードです。
「生物学に適正するキャットフード」を目指して作り上げられました。

さてこんなオリジンのキャットフードですが一体どの辺りががいいのでしょうか。
全体の成分を見てみましょう。
このキャットフードを構成する80パーセントが新鮮な魚と肉を使用しています。
人間食材の主原料となっていて完全に管理されて使われます。

そして残りの20パーセントが野菜や果物から構成されています。
この成分のバランスは本来猫が食べるべき材料を適正な比率で構成され猫が一切必要としない穀物類は取り払われています。
これこそが猫にとって非常に健康に適しているのではないでしょうか。

また炭水化物も低比率となっていて最小限に、さらに健康促進効果のある善玉菌ならびに植物が使われています。
この植物は獣医によってサポートされ厳選されたもので非常に効果があると期待されています。
また腸球菌やアシドフィルス、さらには今流行のビフィズス菌まで含まれています。
この徹底的なこだわりこそがカナダメーカーオリジンの素晴らしいところではないでしょか。

Menu